動物愛護センターを訪ねました

 以前に飼っていたラブラドール・レトリバー、鹿児島市内のペットショップで購入したものです。純血種である必要は全くなかったのですが、その当時は具体的なペットの入手方法や動物愛護センターというものの存在を知りませんでした。野犬や野良猫は保健所が引き取りその後殺処分云々という話は漠然と知ってはいました。

譲渡前講習を受けてみませんか

 ぶんたがいなくなってから6年目になります。先日、ペットの譲渡を前提に鹿児島県動物愛護センターへ行って「譲渡前講習」を受けてきました。

 ちょっと見学だけのつもりで訪れたのですが、職員の方に勧められ、ちょうど講習会が始まるタイミングでしたので受講しました。

 これを受けないと犬や猫の譲渡を受けることができないのです。本来ならすべてのペットショップでも義務付けられるべきことなのですが、我が国はまだ法律が整備されていません。

 新型コロナ禍のため譲渡会は規模が小さくなり、5月末までは犬猫の譲渡会を含む全てのイベントは中止となっておりました。6月から規模は小さいものの再開されているようです。

詳細は鹿児島県動物愛護ホームセンターHPで確認してください。譲渡犬猫情報だけではなくしつけ方教室や犬の飼い方講習会、相談会なども適宜開催されています。

 この鹿児島県動物愛護センターが開設されたのは平成25年10月だそうですから、ぶんたを飼い始めたときはまだなかったんですね。地図を下に示します。


コメント

コメントする

Page Top