タカショーのローボルトガーデンライト LED球の取り付け方、間違っていませんか?

目次

LED球の正しい取り付け方法

ランタンライト(LGL-04)の組み立ての流れで説明

 以前はタングステン電球だったタカショーのローボルトガーデンライトですが、時代の流れとともにLED球に移行してきました。確かに消費電力も低くなり使いやすくなった(値段は高価)と思います。

 ある通販サイトのレビューを見ると、このLED球を本体に取り付けるときに皆さんずいぶん苦労されているようですね。私も経験があるのですが、ちょっとしたコツがあります。コツというか手順をちょっと変えるだけです。(取説の説明不足が原因)

製品の梱包内容をチェックします

 まず製品の部品を確認しましょう。

ランタンライトの梱包内容
写真下部の円形状の物、これがLEDランプ。シリコンパッキンは通常このLEDランプに付けた状態で出荷されている

部品は上の写真のような内容で梱包されています。写真下の丸いものがLED球です。このLED球を本体のソケットに差し込めばいいのですが・・・。

パッキンを取り付けた状態ではソケットに入りません
パッキン(白いもの)がLED球に取り付けたままではソケットに差し込むのは困難

 LED球には防水のためのパッキンが取り付けられており、LED球をこのままソケットに挿し込もうとするとパッキンの形がひずんでしまい、ソケットにかぶせるように取り付けるのはなかなか困難なのです。

ではどうするか・・・。次の手順に従ってください。

1. LED球からシリコンパッキンを外す

ランプに付いているシリコンパッキンを外す
ピンセットでそっとつまみ出してください

まずLED球からパッキンを取り外してしまいます。ピンセットや爪楊枝などの道具を使用してください。

2. ソケット内の端子の並びを確認

ソケットの端子が2つとも開いて並んでいることが必要
ときどき端子が曲がっているものがありますので確認してください。

【確認】ソケット内部にはLED球の端子板を挟み込むように端子が開いて並んでいます。この端子がきちんと並んでいないと、LED球を差し込んだ時に端子が損傷します。

3. 外したシリコンパッキンをソケットにかぶせる

シリコンパッキンをソケットに取り付ける
ランプから外したシリコンパッキンをソケットの上から被せておく

先ほど外したシリコンパッキンをソケットにかぶせます。下の写真はその状況です。

シリコンパッキンをソケットに取り付け
ソケット側の準備はこれでOK このあとLED球を差し込む

↑ ポイント:シリコンパッキンをLED球側ではなくソケット側に付け替えておく

4.パッキンの上からLED球を取り付ける

LEDランプをソケットに差し込む
パッキンがランプ側に付いた状態ではなかなかソケットに入りません。最初にソケット側に付け替えておきます。

付属の取説にはシリコンパッキンは最初からソケットに付いた状態で説明してあります。これが間違いの元。

5. 取説のイラストではパッキンはソケット側に付いている

組立て説明書イラスト
取説の絵ではシリコンパッキンはあらかじめソケットに取り付けられています。間違いの元。

続いて本体を取説のとおり組立てます

 ここまでできればあとは難しいものはありません。取説のとおりランプ本体を組み立ててください。

少なくとも次の3機種についてはLED球は共通でした。

● LED球は交換できますが高価です。 ライト一式を購入した方が安いのはなぜ? このからくりが良く理解できませんね。

(おわり)

目次