自家用車の携帯リモコン(スマートキー)電池交換くらいなら自分でやろう

スマートキーの電池交換は自分で
リモコン電池の交換を要する警告

エンジンをスタートさせるとまもなく「リモコン電池要交換」のメッセージが出るようになりました。

携帯リモコン(スマートキー)の電池交換についてはこれまで漠然と整備工場でやるものとばかり思っておりました。あまり深く考えていなかったのです。特殊な電池なのだろうと思っていたのかもしれません。

ある時ふと、携帯リモコンを開いてみたら、中に入っていたのはボタン型のリチウム電池CR2032でした。

これなら近所のコンビニで電池を買ってくれば、電池交換なんてすぐに終わります。目覚まし時計の電池を交換するのと何ら変わりません。

電池交換の手順

例:スズキハスラーの場合 

作業内容は一言で言うと、「携帯リモコンを開いて電池を交換し元に戻す」です。

1 携帯リモコンを開く

ケースを開くためにキーを抜く
ロック解除レバーをスライドさせて携帯リモコンに格納されているキーを引き出す
切り込みが見えるのでここにドライバの先端を入れてゆっくりひねる
キーを抜いた後の両側に切込みが見えます。そこに先の硬いもの(マイナスドライバ)を差し込んで軽くひねると、バカっと開きます。

写真のように解除レバーのある側を上にして(中のパーツが落ちないように)マイナスドライバの先端を入れてひねります。
(この箇所だけ取説には載っていません。メーカーとしては破損防止のためお勧めしないのでしょうか)。

2 リチウム電池を取り出す

蓋を開けると電池が見える
開けるとリチウムイオン電池 CR2032が見えます
古い電池を取り出す。
リチウムイオン電池を取り出します。

ケースに傷をつけないように、ドライバの先には薄い布を巻いて行う方がよろしいです。

3 新しいリチウムイオン電池を入れる

新しい電池をセット 極性に注意
新しい電池を取り付けます。極性に注意。取り付けたらパチンと蓋を元に戻します。

電池には触れた指の脂が付いているかもしれませんので、念のためティッシュで電池の両面を拭いておきましょう。後は蓋をパチンと取り付ければ完了。


ボタンを押してLED点灯を確認
ロックスイッチやアンロックスイッチを押すと上部の小さいLEDが点灯します。

ハスラーの場合はボタンを押すと上部の小さいLEDが点灯しますが、実際に車で確認した方が良いです。

分からなければ無理せず自動車屋さんへ

● 分からなかったらやめる

不用意に開けないよう注意
ハスラーの場合は簡単でしたが、分からなかったら無理をしないでください。

携帯リモコンを開くところがポイントです。あとは電池を交換するだけですから。ハスラーの場合は簡単でしたが、他の車種或いは他のメーカーの場合は分かりにくいかもしれません。ハスラーでもあえて携帯リモコンを開くところは取説には載せていません。このことを考慮して作業をお願いします。

電池交換のために無理せず開く作りになっているはずなのですが、分からなかったら自動車屋さんへ行きましょう。

(おわり)

Page Top