電池を替えても動かないリモコン まず確認することは

我が家のリモコンたち
現在の我が家にあるリモコンたちです

リモコン…、今やテレビだけではなく天井灯、扇風機、エアコンなど数多くの物がリモコンで遠隔操作ができるようになってきました。

ところがリモコンが反応しなくなったら本当に困りますね。なにしろ見た目ではリモコンと本体のどちらに不具合があるかなんてわかりません。

目次

電池を交換しても動作しないときは…

リモコンが動作しないときにまず考えることは電池の交換ですね。新品の電池が不良ということはまずありませんので、電池交換で判断はできることは多いです。もし交換しても動作しないときは次のことをチェックしましょう。

赤外線の信号が出ているか
携帯電話のカメラで確認する

リモコンのほとんどは制御信号に赤外線を使用しています。
人間の目には見えない赤外線ですが、赤外線の放射を知る方法があります。

身近なところではスマホのカメラ機能があります。

デジタルカメラのイメージセンサーは、私たちの目が可視光線しか見えないのと違いより広い範囲の波長をとらえることができます。

スマホを通して見ると
スマホのカメラを撮影モードにして見る

写真のように周囲を暗くしてスマホカメラの画面で見てみると、リモコンのボタンを操作したときに発光部が赤く点滅している様子が確認できます。

下の写真は①直接肉眼で見たものと②スマホのカメラを通して覗いたものです。

リモコン発光部
① 肉眼で直接見た場合              
  肉眼ではこのように光は見えません。(カメラでは見えているのですが、説明のため消しています)
リモコン発光部(信号送信中)
② スマホカメラを通して覗いた場合

カメラが赤外線を認識しているということは写真の仕上がりにも影響を与えるんだ

最近の新しい機種には赤外線カットフィルターが付いていて、既述のようにはならないこともあります。
インカメラ(自撮りに使うフロント側のカメラ)を使いましょう。

リモコンの赤い光が見えないときは…まず電池の確認

スマホカメラで覗いてみてリモコンの点滅している赤い光が見えないときはリモコンが動作していないということです。

こんな時にまず最初に疑うのは電池ですが、すでにバッテリーチェッカーで電池を確認済みであればここはパスしてください。

なお電池を交換する際は電池の極性を十分確認します。間違っていると動作しないばかりか液漏れ等の原因にもなり、リモコン本体を壊してしまうことにもなります。

点灯しっぱなしも問題あり

点滅ではなく点灯しっぱなしというのも不具合であることが多いです。回路が固まった状態ですね。こんなときは電池を入れ直ししてみてください。いわゆるリセットです。

電池ケースの端子が錆びていないか

新しい電池と交換しても使えない場合、電池ケースの端子が錆びついていて接触が悪いことがあります。

テレビのリモコンのように頻繁に使っている場合はいいのですが、エアコンや扇風機などあるシーズン以外はあまり使わない場合などは、電池が腐食して液漏れしていることに気が付かないことがあります。

基本的に長期間使用しない場合は電池は抜いておきましょう。

また端子の錆は程度が軽いうちならば目の細かい紙やすりなどで錆び落としをします。腐食の程度がひどい場合は交換するしかありません。

電池ケースの端子 錆びがないことを確認
電池ケースの端子(赤矢印)に錆が見られるときは錆落としをします

また扇風機などの小型のリモコンの場合はボタン電池が使われていることが多いのですが、セットするときに手指の脂がついてしまうこともあります。

電池の両面をティッシュペーパーなどで丁寧に拭いてから極面に触れないようにセットしましょう。

ボタン電池

リモコンは正常であると思われるとき

リモコンの赤い光が点滅しているのを確認できたのに動作しない…。

こんな時は次のステップへ。

受光部付近に障害物がないか

リモコンの赤い光が見えていればリモコン自体はほぼ正常と思っていいと思います。

それでも機器が作動しない場合は機器本体を疑うことになりますが、その前にリモコンの信号が正しく機器に届いているのか確認する必要があります。

これは単純に機器の受光部の前に信号を遮るものが置いてないかを見てみましょう。

リモコン番号あるいはCHが合っているか

テレビやBD、CDレコーダーのリモコンには、操作をすると付近にある他の機器まで動作してしまう場合に、本体及びリモコンの番号を別の番号に設定する機能があります。

また汎用のリモコンでは異なるメーカーの異なる機種ごとにリモコン番号が振られており、購入したらまずその設定が必要になります。

いずれも正常に動作していた設定が簡単に変わるものではないと思います。

天井灯のリモコンには2CHの切り替えスイッチが使われていることが多く、CHが変わっていたなどということもありますので確認が必要です。

天井灯リモコンのCH切り替えスイッチ
天井灯リモコンの例…赤線で囲まれた部分がCH切り換えスイッチです。

リモコンが故障していたら…

経年による劣化は避けられない

電池の交換や端子の清掃でもだめならケースを開いて基盤の清掃を試みる方法がネット上にありますが、ここではパスします。

あるボタンだけ作動しないときなどは基盤と接触する金属部分が摩耗により擦り切れてしまっていることが多いものです。

具体的な症状としては、押したボタンがすぐに戻らない、あるいは戻りが遅いときはそろそろ寿命です。

直ぐに動作してくれないことによるストレスも無視できません。かなり年月が経っているものであれば、新品に交換するのが得策でしょう。最近は互換製品も充実しているようです。


https://amzn.to/49zJgaF


リモコンの買い替え

テレビ、BDレコーダー用リモコン

他のメーカーにも対応する汎用のリモコンは多いですが、なじみのないボタンもあって戸惑うこともあります。使っているうちに慣れてきますが。

今は純正ではないものの互換品メーカーが生産する機種専用リモコンも発売されています。

【広 告】リンク先にもいろいろなモデルがあります。ボタンの種類などできるだけ純正のリモコンに近いものを探します。


アクオス用 テレビリモコン シャープ液晶テレビに汎用 設定不要 簡単使用 OMAIC

天井照明器具リモコン

最近は機能も豊富なので単なるオン、オフだけではなく、全灯から常夜灯まで段階的に明るさを替えられるものもあります。

その他の機器の汎用リモコン

テレビ、BDレコーダーなどの汎用、互換リモコンは豊富にあるのですが、浴室乾燥機などの特殊なものについては見たことがありません。

テレビや天井灯についても単純なスイッチのオン、オフ以上の、つまり基本的な機能を超える操作については良く調べ、省略しても構わないのか自分で納得しておく必要があると思います。

メーカーの純正リモコンは価格が高いイメージがあった(実際そうだった)けど、最近はそうでもないから確認したほうがいいよ

(おわり)

目次