デスクから封書を投函? EメールみたいなWebゆうびんの使い方

自宅のパソコンから手紙を投函できる

ネットの進歩に伴い電子メールやSNSが普及し手紙を書くことが少なくなりましたが、やはり画面に映し出される文字よりも紙に印刷された文字の方が、手書きではなくてもホッとすることがあります。

目次

投函はパソコンの中の郵便ポストへ ?

Webゆうびんは、タイトルのとおりデスク上のパソコンから手紙を ” 投函 ” することが出来るのです。その手紙には写真も” 同封 ” できます。印刷という形ではありますが。

以前はハイブリッドメールとか言ってたね。今は「Webゆうびん」って言うんだ。

手紙を書くのが億劫な方でも、キーボードをたたくだけでそれをシステムが印刷して、きちんと封筒に入れて送ってくれます。

投函するまでの作業にはパソコンを使いますが、相手に「書面」で届くのは嬉しいことです。

ノートパソコンを持ち歩けば列車の中から投函することもOKね

Webゆうびんとは

通常の郵便サービスに「レタックス」「手紙」「速達」「内容証明郵便」などがあります。

WebゆうびんはこれらのサービスをWebから行うもので、それぞれ「Webレタックス」「Webレター」「Web速達」「e内容証明」という名称でサービスが用意されています。

Webゆうびんのメリット

24時間365日いつでもどこでも、外出先や旅行中の電車の中からでもネットが使える環境なら利用可能です。

支払いはクレジットカード決済ですが、法人に利用しやすい料金後納もあります。

● 差込差出し機能
1回の申し込みで宛先別に内容の異なる郵便物を発送することが出来ます。
例えば
・顧客ごとに内容の異なる請求書、納品書等
・受取人毎に参加日時の異なるイベント案内状

● アドレス帳機能
Webゆうびんのサーバー上に保存する住所録を管理することが出来ます。
発送時のあて先として選択できるため、Webレターで同一文面を大量発送する際に便利です。

他にもメリットはたくさんあります。日本郵便のWebからご覧ください。

Webゆうびんを使ってみよう

Webレターの外観と機能

ここではよく利用している「Webレター」についてレポートしたいと思います。

Webレター用封筒
Webレターの封筒 右上には「コンピュータ郵便」のロゴ
Webレターは、作成したレター1枚以上と、あて先および差出人記載の1枚そして封筒で構成されている。
封筒、レターの本紙1枚以上およびあて先、差出人記載の書面

最初に利用登録をする

WebゆうびんのHPから登録します。

登録情報としてご自分のメールアドレス、パスワード(半角英数字8~16文字)、そして決済のためのクレジットカードを用意します(料金後納制度もありますが省略します)。

作成から投函までの手順

STEP

サービスを選択する

ログインしたらサービスを選択します

必要なサービスを選択します
必要なサービスを選択します。ここではWebレター。
STEP

レターの本文を作成する


直接本文を入力することもできますが (ちょっと面倒)、あらかじめWordファイルやPDFファイルを作成しておき、それを読み込む方がレイアウトしやすく、間違いが少ないです。

なお、読み込んだファイルの内容を修正することはできませんが、文字、イラスト、画像の追加はできます。

サンプルとして下図のようなWord ファイルを用意しました。

下書き原稿
Word やpdf ファイルで用意すると簡単
STEP

用意した原稿(Word 又は PDFファイル)を読み込む

前項で用意したファイルを選択します。
文書にカラーの写真やイラストがある場合は「カラー」を選択します。

文書ファイルをアップロードする
印刷が「カラー」なのか「白黒」なのかはしっかり確認します
STEP

取り込んだ文書ファイルをプレビューで確認

ファイルを読み込むとプレビュー画面が現れます。もしカラーの写真やイラストが白黒で表示されていたら、それはファイルを読み込む際に白黒を選択しているからです。戻ってやりなおしましょう。

アップロードされた文書をプレビューする
読み込んだ Word ファイルをプレビューする
STEP

必要に応じ文字やイラスト、写真を挿入

パソコンから印刷物の手紙を送ることが出来るというのは思った以上に便利です。

しかし写真や他の書類を同封することはできません。

その代わりレターに写真を「印刷」することはできます。

写真の印刷だけではなくテキストやイラストの追加もできます。

後からテキスト、イラスト、画像などの追加ができま
取り込んだ文書の訂正はできないが、文字、イラスト等の追加はできる

【テキスト、イラスト等の追加方法】

・右側のアイコンメニューから「文字」を選択して直接文字を入力することができます。
 フォントやサイズも選ぶことができます。

・同様にイラスト、写真ファイルを取り込むことができます。


サンプル画面でサイズや配置場所を調整しながら複数追加できます。この点は使いやすいです。

必要であればページの追加もここで行います。(画面上部の「ページ操作」をクリック)

ページを追加することもできます

カラーの画像やイラストがある場合はここでも「印刷設定」でカラー、白黒の確認をしましょう。

文書に文字とイラストを追加、カラーが選択されていることも確認
文字、イラスト、画像などの取り込みは右側のアイコンメニューから

これで良ければ「内容を確定」します。

プレビューはカラーなのに、上部の「印刷設定」が白黒のままだと白黒で処理されてしまうんだ。これはちょっと気が付かないよ。

それじゃ、せっかく美しい写真を入れても意味がない…。

文字、イラスト、写真の挿入機能は便利かもしれないけど、前もってWordで完成させておいた方が安心だな

STEP

レイアウト確認と料金内訳

「内容確定」ボタンを押すと下図のようにレイアウトの概略が表示されます。

レイアウトを下までスクロールすると料金内訳が表示されます。

この時カラー料金が表示されていればカラー処理されています。

仕上がりイメージは1枚しか表示されません。
複数ページある場合は「次ページ」でページ送りをしてください。

2枚目以降のプレビューは「次ページ」でページ送りをする。料金とカラー白黒の確認も。
レイアウトを下までスクロールすると料金内訳が見えます

良ければ「差出人設定」に進みます。

料金内訳がカラー料金であればカラー処理されているという最終確認はできる


次の利用料金説明は「Webレター」の場合ですが、そのほかにも「レタックス」や「速達」もあります。詳細はHPからご覧ください。

【 利用料金(税込) 】
 ・ 白黒印刷で本文1ページの場合、1通99円
 ・ カラー印刷の場合は1通146円
参考:カラー印刷内訳
 手紙本文1枚62円+基本料金84円=146円

プレビューで仕上がりイメージを確認し、料金の確認が済んだら支払いの手続きをして完了します。

良ければ「差出人設定」に進みます

STEP

差出人とあて先を設定する

いずれも直接入力できますが、差出人は登録しておき、宛先もその都度アドレス帳に登録しておけば、次回からは呼び出して利用できます。

このような時代にあえて紙の手紙を送るのもいいもの

今や国民の多くがスマホやパソコンを利用する時代です。用事があれば電子メールやLINEなどで十分用が足りてしまいます。

でも文明の利器の良いところを大いに利用しつつ、郵便配達の方の足音を待つというのも楽しいではありませんか。

Webレタックスも便利です

Webレタックスはお祝い、お悔みなど、台紙も各種用意されています。

文面は直接入力でき、フォントもその場で選択できます。

また手持ちの写真を使った「かんたんフォトフレーム」という機能もあります。

(おわり)

- 広  告 -

目次