悲しきマングース

なぜ日本にマングースがいる?

♪~インドはデカン高原を~遠く離れて来たけれど~(^^♪

という歌で知られるマングース。まだ学生時代の昭和50年(1975年)の夏、1学年下の友人の帰省に合わせて他の友人と共に徳之島を訪ねたときのことでした。

ハブとマングースの決闘という見世物があって、初めてハブはもちろんのこと、マングースとご対面したのです。

そしてハブ退治のためにわざわざインドから連れてこられたというのもこの時初めて知ったのでした。

奄美大島ではイタチを導入

沖縄・奄美諸島では、かつてハブによる咬傷被害者が後を絶たず、沖縄がマングースの導入を始めたのは1910年。

奄美大島では2500匹以上のイタチを放したことがあったが、なんと全滅してしまったというのです。

沖縄に倣い奄美でもマングースを。しかし…。

 そのため奄美大島でも1979年に沖縄同様マングースを導入したのですが、ハブは夜行性、マングースは昼行性ということもあり、両者が遭遇することはめったになかったようです。

もし出会ったとしても、マングースが敢えて危険を冒してハブを食べる必要もなく、この島の天然記念物であるアマミノクロウサギやトゲネズミ、ケナガネズミなどが数多く犠牲になったようです。

そりゃあマングースだってよりおいしいほうを食べるのは当然のことでしょう。

マングースの駆除へ方向転換

マングースは役に立ったのか

 沖縄奄美自然環境事務所によれば、マングースがハブの駆除には役に立っていないことを受けて、国が20年ほど前からワナや薬剤を練りこんだ餌などによる駆除に乗り出し、ピーク時にはおよそ1万匹いたとされるマングースが、現在(2019年8月)は50匹以下に減少したそうです。

マングースとハブ

ハブとマングースの決闘からハブのショーへ転換

 徳之島訪問から34年以上たった2009年から3年間、私は沖縄に単身赴任していましたが、ヤンバルクイナがマングースから被害を受けたというような話は聞いても、ハブとマングースの決闘についての話は聞かなかったように思います。

 沖縄本島の南部に沖縄ワールドという観光施設があります。単身赴任中にここでハブのショーを見ましたが、マングースは記憶にありません。

観光地に住んでいてそうなのですから、そのようなショーはもう無くなっていたのでしょう。動物愛護法の成立もあり、他の似たようなショーも姿を消したのかもしれませんね。

マングースの根絶宣言へ

 2019年9月5日の報道によれば、奄美大島ではこの4月から8月までの5カ月間で捕獲したマングースはゼロだったとのことです。

環境省は監視カメラに映る頻度などを考慮すると、奄美大島のマングースは根絶間近であり、2022年度末までには完全排除するとの見通しを⽴てています。

環境省は2021年2月15日、奄美大島に生息する特定外来生物マングースについて、最短で2023年度、遅くとも25年度までに根絶を宣言する計画であると発表しました。(2021.2.15南日本新聞)

23年度にも根絶宣言
奄美大島のマングース 23年度にも根絶宣言 (2021.2.16 南日本新聞)

  そもそも奄美大島ではハブは生態系のトップに君臨していて、アマミノクロウサギはハブの穴に住んでいるという話も聞いたことがあります。

長年の間に培われた安定した生態系によそ者が侵入してきて平和を乱してしまったのでしょうか。

  このマングース、10年くらい前から鹿児島市や薩摩川内市でも目撃情報があるのですが、県本土の低気温に適応できず、その後生存できなかったのではないかと言われています。

人間の勝手で連れてこられて今更害獣扱いされても困りますよね。彼らの嘆きをぜひ聴いてみたいものです。

(おわり)