使って納得、電動耕うん機のパワーと簡単操作

始動前の耕運機
動きと音を観察してください。なお音量にご注意ください。(前回の動画に一部追加しました。)

フル年金生活に入ってから家庭菜園に費やす時間が大幅に増えました。しかしくわ1本での耕作がしんどく感じられるようになったのも事実です。

手入れが良くできていない土は鍬で耕したあとそのまま塊として残ります。土の塊を細かく砕くのは大変。バクテリアが活躍するまでにはまだ時間もかかります。

目次

家庭菜園に耕うん機?

家庭菜園向けに小型の耕うん機が販売されているのは以前から知ってはいましたが、価格は安いものでも5、6万円はするんですよね。

ただ、鍬を使って手作業で起こしただけの土というのは塊がそのまま残っていることが多く、ウォーキング中に見かける農地のサラサラふかふか土壌などとは比べようもありません。こんな時は耕うん機の回転刃で土の塊を粉々にできたらなあという思いはありました。

更にもうひとつ。地中広く根を這わす弦状の雑草には手を焼いておりました。実家が農家という知人の話では、そんなもの耕うん機で根こそぎガリガリとやればしばらく大丈夫だよと言う。

その言葉もあって家庭菜園でもやっぱり耕うん機があった方が良いかなと徐々に気持ちが変わってきたのです。

電動耕うん機なら1万円代から

たかが家庭菜園ごときになどと思いながら、電動であれば1万円代で耕うん機が買えることを知り、俄然興味が湧いてきました。

充電式の刈払機(草刈機)を以前から使用しており電動式に抵抗はありませんでしたが、耕うん機の場合パワーが十分なのかというのが少々気になりました。でも自家用車もモーターで動かす時代です。すぐに購入を決めました。

宅配便で到着

注文してから3日ほどで到着しました。組み立ては簡単。10メートルの延長電源コードが付属しています。ドラムの延長コード(20m)も合わせて購入したので、屋外コンセントから30メートルの範囲内で作業ができることになりました。

軽くてパワフル

両手をハンドル部分に置かないと始動できない安全構造

安全のため左手でボタンを押しながら右手でレバーを握って始動させます。つまり両手で同時に操作しないと動かせないようになっています。

片手で回転刃を触っているときにうっかり始動ボタンを押してしまうようなことを防ぐためです。

回り出したらその後は片手でも大丈夫です。しかし停止させたあと再始動するときは、また両手で同時に操作する必要があります。

回転は非常にパワフルです。前進する方向に回転しますのでポンポン跳ねるような感じで進もうとします。土地が硬いほど跳ねるようになります。

ここで前進を止めるように持っているバーを抑えると、刃は同じところを掻きますのでずぶずぶと潜るような感じで耕うんします。そのまま少し後退気味にさせると更に深くえぐりながら掻いていきます。

耕すだけではなく土塊を細かく丁寧に砕いてくれます。短い根っこなら同様にバラバラ。

耕うん機を前後させながら畝を1本終わらせるのですが、家庭菜園程度ですとあっという間ですね。今までの苦労は何だったのかと思うほどです。

連続運転は30分程度

取説にもあるように連続運転はせいぜい30分が限界です。メカ部分の温度上昇でサーモスタットが働き停止してしまいます。

土が硬めの場合や駆動軸に根が絡みついて負荷が大きくなった状態では、連続運転時間はさらに短くなるでしょう。

でも家庭菜園ならこれでも十分ではないでしょうか。長さが6、7m程度の畝であればものの2、3分で終わってしまいます。サーモスタットが働いて停止しても、休ませて温度が下がれば再運転は可能ですから、その間は別の作業をしましょう。

電動耕うん機の敵は小石と草の根

草の根っこがきつく絡みつくと止まることがあります

軸の部分に巻き付いた雑草の根
軸に巻き込んだ雑草の根

取説には使用前に草の根を除去しておくこととあります。雑草の根っこの状態によっては大丈夫かもしれませんが、結構このような感じで根っこが耕うん機の車軸等に絡みつき、最後には抵抗大となって停止してしまいます。

雑草で覆われた畑

1年放っておいた畑の雑草
軸に巻き込んだ雑草の根

上図は1年間放っておいた畑で一面雑草に覆われています。耕うん機で一気にガリガリやりたいところですが、既述の通り車軸にかなり絡みついてしまいます。

この程度の規模であれば根切り鎌を使ってコツコツと除去するのが一番確実です。

「手作業でやるの~」と思うかもしれませんが、雑草は1つの根から広がっていることが多く、一面雑草に覆われていても根の数からいうと思ったより少ないものです。

根切り鎌を使って除草

根っこのおかげで土は結構柔らかいので耕うんの必要性はない位ですが、肥料を丁寧に混ぜるには耕うん機は有効でしょう。

あまり時間も掛からず除草終了

あまり時間も掛からず終了しました。手が土に触れるのって気持ちいいですよ。でもちょっと腰が…。

開墾するにはちょっと非力かな

20年以上空き地のままの雑草

上図は原野ではないものの、少なくとも20年は畑として使われたことがない土地です。冒頭の動画にもあるように普通に耕うんするのは無理です。

前もってシャベルなどで掘り起こしておき、雑草の根を手で丁寧に取り除いてから耕うん機で少しずつ土の塊を砕いていくのが一番いい方法です。

石などの固い物の場合

小さい石ならほとんどはじいてしまいますが、おおむねこぶし大程度の石になると状況は異なります。

上の画像は使い始めて2日目のことでした。運転開始数分後に突然ガチッ、ウイーンと音がしてストップしてしまいました。こりゃヤバイとチェックしたところこぶし大の石に刃ががっしりと噛み込んでいました。

今まで何度か耕作していた畑で、石は2、30cm程度の深さのところにありました。

鍬だけで耕していると見逃すことがあり得ますが、耕うん機の回転刃には捕まってしまいました。

刃を逆方向に回して石を取ろうとしましたが全く動きません。それではと刃を取り外すためにピンを抜き軸を外そうとしたのですが、食い込んだ石からの反力で軸が押さえつけられて抜けないのです。

仕方がないので小さなハンマーで石をコンコンと何度か軽く叩いたところ、ぽろっと刃から外れ落ち、変形したように見えた刃も元の形に戻りました。

耕うん後は小石を発見しやすい

鍬1本で耕していると、ただの土の塊なのか小石なのか見ただけでは意外に分からないものです。
土の塊を手で一つ一つ潰して初めて小石だと分かるのが普通です。

耕うん機ですと土の塊は粉々に崩してくれますが、小石はその大きさのまま地面の上に残ります。(下の写真参照)
こうして小石を見つけては除去することを繰り返すことによって、やがて石の無い畑になっていくことでしょう。

小石類はこのように残るので分かりやすい
土の塊は細かく砕き、小石は地面の上に掻き出してくれるので発見しやすくなった

肥料を丁寧に混ぜてくれる

話が前後してしまいますが、畑に投入した堆肥やその他の肥料をき込んだり混ぜたりというのは、鍬1本ではなかなか大変です。

こんな時にもこの耕うん機は大活躍します。きめ細かく土壌と混ぜ合わせてくれます。

もっと早くから使えばよかった

思い立ったらすぐに作業ができる

使用頻度は多くはない(毎日耕すわけではないから)のですが、思い立ったらすぐに作業に取り掛かることが出来ます。

まあ、電源ケーブルを伸ばしたりするのがちょっと面倒かもしれませんが、耕うん機本体は軽いのでひょいと持ち上げ、畑に移動することが出来ます。

とにかく使ってみて初めて分かる手軽さでした。もっと早くから使えば良かったと思っています。

軽く取り回しが簡単なので、思いたったらすぐに作業ができる
夕方近くになって急遽思いつき、畝を7本ばかり耕した (2021.11.19)

作業が終わったら刃に付いた土をブラシなどで簡単に取り除く程度で構いません。

畝立て機などは付けられない

畝立てをするには畝立て機を曳いて前進しなければなりません。この耕うん機は結構力があるのですが、そもそも自力走行するようには作られていないのです。

確かに刃は前進する方向に回りますから多少は前に進むでしょう。しかしこれはあくまで耕すために刃が回転するからであって走行するためのものではないからです。

畝立て機を付けるほどの広さの土地ならガソリン式の本格的なものを購入した方が良いです。

電源ケーブルの取り回し

誤って電源コードを耕うん刃で切断しないよう注意してください。特に後進する時には片手でコードをさばく必要があります。

取説では腰に市販のカラビナを付けてそこにコードを引っ掛けるようにすれば邪魔にならないようなことが書いてあります。

耕うん機から離れるときに外しやすいように、カラビナは大きめのものをお求めください。カラビナが小さいと外すときに難儀します。

あるいはコードを肩にかけた方が楽な時もあるので、使い分けるなど工夫されると良いと思います。

ネックは100ボルトの電源が必要なこと

休眠の農地を市民家庭菜園などと称して市民に貸出している場所は、通常自宅から離れているので使えませんね。発電機や仮設電源などは使用しないようにと取説には書いてあります。

流れる電流は8.2Aとありますので発電出力が900VA程度以上なら使えるかもしれません。しかし止めた方が良いでしょうね。取説の指示に従いましょう。

そもそも商用100Vの電源が取れない畑というのはそこそこの広さがあるのではありませんか。それに900VAの発電機は10万円位しますから、それを考慮するとエンジン式の耕うん機の方が良いのではないかと思います。

商品としてバッテリータイプの耕うん機もあるようですが。

延長コードは最大20mまでとあります。
付属の10mを含めてのことでしょうから、私が使っているドラム式のコード(20m)をつなぐと合計30メートルになってしまいます。

でも電圧降下で動かないなどということもなく、今のところ問題はありません。

ただしドラム式を使う場合はコードは全部引き出して使用することが大事です。
(巻いたままですとそこに熱がこもり絶縁体の被覆が溶けることがあります)

付属の延長コード10mにドラムの延長コードを追加して使用。
ドラムのコードは発熱を避けるため全て引き出して使用すること。畑の濃い茶色は耕うんした畝。

(おわり)

Page Top
目次
閉じる