お子さんの安全あなたも安心、宇宙から見守る「あんしんウォッチャー」

eyecatch
端末の位置をスマホのアプリ画面に表示してくれます。
また指定したエリアの出入り状況を通知する機能もあります。
目次

あんしんウォッチャーとは

千葉県で小学1年生の女の子が行方不明になり1週間以上経過して川の近くで発見されました。当日女の子がキックボードに乗っているのを監視カメラがとらえていました(2022年9月)。

しかし監視カメラはどこにでもあるわけではなく、たまたま現場近くを通りかかった人に発見されたときにはすでに長い時間が経過していました。

子供の見守りグッズが活用されていたら捜索時間は大幅に短縮できていたはずです。

携帯電話とGPSを利用した見守りグッズは以前から各種出ているので、母親がおかしいと思ったときにすぐに子供さんの居場所を確認できていれば違う展開になっていたのではないでしょうか。

たまたま私は電話会社のauが出している「安心ウォッチャー」を最近購入したばかりで、その12日後にもう1台追加購入したこともあり、この製品についてご紹介したいと思います。

安心ウォッチャーの購入は通販が便利

amazon で購入した「安心ウォッチャー」端末が宅配便で届きました。

宅配便で到着
宅配便で届いた端末
ストラップを付けた端末
ストラップは付属していません 充電端子はUSB Type-C

このあんしんウォッチャーはお子さんの見守りにはもちろんのこと、荷物の追跡監視などにも十分利用できるものです。

でもお子さんに持たせるには端末の大きさ、重さなど好みもあると思います。
各社からいろいろな製品が出ていますので検討されてみてはいかがでしょう。

さっそく設定して使ってみよう

au HOMEに登録

この「あんしんウォッチャー」はGPSと携帯電話網を利用したサービスで、利用するにはスマホでau HOME に登録する必要があります。

まずau IDを新規登録します。auのユーザーでなくてもかまいません。
すでにau IDを持っている方はメモを用意しておきましょう。

手続きは簡単です。端末が入っていた箱に印刷してあるQRコードをスマホで読み込んで、あとは画面の指示に従って手続きを取ります。

手続きの途中で今度は端末本体の裏側にある認証用QRコードを読む場面があります。

この本体裏のQRコードは特に大事です。汚さないようにしましょう。

まず現在地を表示

設定が終わったら端末を起動します。

端末のボタンを10秒ほど長押しすると赤青の点滅が始まり電源が入ります。

なお電源OFFはアプリを設定したスマホ側でしかできません。本体ではできないのです。子供の見守りに適しているゆえんですね。

※下図の「みまもり」とは自分で入力した端末名であり、アイコンと共にいつでも自由に変えられます。

現在地
現在地を表示。実際の位置(中心)から少しずれていますね。

「現在地を表示」

自宅で現在地を表示させています。青丸の半径はおおむね100メートルとちょっと。

中央の点が現在地(自宅)でアイコンがデバイスの位置です。当初は50メートルくらいの誤差がありましたが数日たった現在は15メートル前後です。

なお端末が同一個所に長く留まっている場合は、次に移動するまで測位は行わないようです(電池の節約?)

実際に移動中の測位誤差はわずかで、ときどき跳ぶことはありますが、ほぼ道路に沿って表示されています。

測位の時間間隔は3つから選択

位置を測定する時間間隔は次の3通りから選択できます。

一番短いものでも次の測位まで90秒は空いてしまいます。カーナビのように連続して表示するわけではありません。

  1. 測位優先(約90秒)
  2. 標準(約3分)
  3. バッテリー優先(約5分)

では移動の軌跡はどんな感じで表示されるのか見てみましょう。
ウォーキングに行くという息子に持たせてみた結果です。

移動履歴の表示

移動履歴(測位間隔90秒)

90秒間隔なのでプロットが多い

時間間隔は最短の90秒に設定しました。徒歩なのでかなり細かくプロットされます。

移動中でも時間間隔を変えることが出来るので、状況に対応できます。地図は拡大表示できます。

軌跡上のプロットはタップするとその時の通過時刻が表示されます。

そしてこの履歴は後で1日単位で呼び出して確認することができます。

測位点をそれぞれ直線で結んでいるため、時間間隔が長いと軌跡がとんでもないところを通ったように表示されることがありますが、プロットの位置は正しい値です。(もちろん測位精度による誤差はありますが)

なお「現在地」をタップすると、次の測位時間まで待たずに現在位置をスマホに表示してくれます。

過去の移動履歴を呼び出して表示

「移動履歴」ボタンの上方にある日付をタップします。
表示される日付一覧をスライドして希望の日を選択します。
その日一日の移動パターンが表示されます。

過去の移動履歴
日付ボタンをタップし一覧から希望の日を選択します
過去の移動履歴
選択した日の移動経路が地図上に表示されます

通知エリアの設定

設定についてはここで説明するよりも実際に端末をご覧になると意外に簡単なので、こんな感じという程度にご紹介します。

通知エリアとして「通知スポット」と「行動範囲」の2つが設定できます。

【通知スポット】
例えば塾を通知スポットに設定しておくと「塾に着いた」「塾を出た」時に通知をしてくれます。
このスポットは10か所まで登録できます。

【行動範囲】
例えば自宅を中心にした範囲を設定し、この範囲から出た際あるいは戻ってきた際に通知してくれます。
半径1kmから20kmの範囲で設定できます。

設定から表示までの流れを見てみよう

「行動範囲」や「通知スポット」を設定するとそのエリアの出入り時にスマホに通知してくれます。

● ここでは「行動範囲」を自宅から半径1.0kmで設定してみます(20kmまで設定可)

① 通知エリア設定の「行動範囲」をタップ

通知エリアを設定する
「行動範囲」をタップして地図上で地点を指定します

② エリアが緑の円で表示される

通知エリア表示
緑のラインを通過するごとに通知されます

③ スマホに通知をする設定

エリア通知設定
エリアラインを通過した際にスマホに通知する設定

④ 設定に従いスマホに通知が届く

エリア通知
エリアを出入りするごとにスマホに通知が届く

●「行動範囲」は地図上でポイント指定しますが、「通知スポット」の場合はそのほかにスポット周辺の無線LANルーターのSSIDを登録して指定することもできます

● この通知は文字で静かに表示されます。
音とか振動ではないようです。

小さい子供さんだけじゃない、ひとり歩き高齢者の見守りにも心強い

私が住む九州の田舎では結構な頻度で行方不明者情報が有線放送で流されます。

いわゆる認知症などに陥った高齢者の方で、家人がちょっと目を離したすきに姿が見えなくなってしまうのです。

行方が分からなくなった時点でこのあんしんウォッチャーが活用できればと、千葉県で行方不明になった小1の女児のことを思いますが、高齢者だって同じなのです。

ただしウォッチャー本体は小型とはいえそれなりの大きさと重量があります。
子供や高齢者が身に付けたり持ち物に取り付けるにはそれなりに工夫が必要かもしれません。

あんしんウォッチャーとあんしんウォッチャーLEの違いについて

この製品、「あんしんウォッチャー」と「あんしんウォッチャーLE」の2種類ありますが、料金プランの違いのほかにソフトウエアが若干異なります(わずかです)。

au HOME利用料のプランの違い

au HOMEではあんしんウォッチャーを2台まで登録でき、その2台目については利用料は無料です。

そのため2台目を追加購入するならデバイス価格の安いLEがお勧めということになります。

あんしんウォッチャーとあんしんウォッチャーLE

端末代金とau HOME利用料のプランが異なるだけで端末本体はまったく同じものです。

しかしLEは導入時の負担を低く抑えることができるので、思い立った時にすぐ購入しやすいということなのでしょう。

それで2台目を追加購入するときは低価格のLEがいいんだね

あんしんウォッチャーLEを追加購入

自転車の監視に使うつもりで2台目を追加購入しました(端末名は「チャリ」と命名)。
既述のとおりau HOMEは2台目は無料なので端末代だけで済みます。

両方とも見た目、設定の仕方などに違いはありません。

ただ、LEには測位間隔として「移動中に測位する」に加え「定期的に測位する」が追加され、また「測位精度の設定」という項目も追加されています(わずかな違いです)。

GPSの位置精度

自宅に置いているときは1台目、2台目ともに20メートルくらいの誤差がありますが、移動しているときは両方とも測位はほぼ正確で、時々位置が跳ぶことはあるものの、道路に沿ってプロットされています。

スマホアプリのHOME画面

スマホアプリ「au HOME」を立ち上げると端末名が表示されます(下図は2台使用の場合)。

2台のデバイスを表示

あんしんウォッチャー用のソフトカバー

あんしんウォッチャー専用のシリコンカバーを見つけました。

他にもこどもの見守りや物の盗難対策用としていろんな製品が出ているよ。見るだけでもおもしろい。

● 他社製品「みてねみまもりGPS」●

試しに購入して検証するほどの余裕もありませんのでカタログで比較してみましょう。

スペックやレビューなどを見てみると似たような感じかなと思います。

GPSの精度も似たようなもののようです。


その他の見守りグッズ

(余談ですが…)あんしんウォッチャーの前身 あんしんGPSについて

十数年以上前に同社の「あんしんGPS」というものを持っていたことがあります。2022年3月末でサービス提供終了となり「安心ウォッチャー」はその後継機として登場したものです。

サービス提供を終了した「あんしんGPS」です

あんしんGPS端末

これは登録した携帯電話からリクエストするとその都度測位して、結果を表示した地図のURLを送信してくれるのです。

これに対して後継機である「あんしんウォッチャー」ではあらかじめ設定した時間間隔で自動的に測位をしているので、すぐに最新の位置を表示してくれます。かなり進化しました。

当時はたぶんお遊びで購入したものです。自分が高齢になって一人歩きするようになったら使えるかなと思いながら。

(おわり)

◆ 広  告 ◆

◆ こんな記事もあります ◆

目次