履歴書からパスポートまで ご近所にある証明写真機 スマホやパソコンにもデータ取り込み

ホームセンター設置の証明写真機
証明写真機(前編)の記事タイトル
写真は株式会社DNPフォトイメージングジャパンのKi-Re-i
目次

証明写真機ボックスへ入ってみよう-恥ずかしくも怖くもない-

昔のスピード写真とは大きな違いだ

中学生のときに取ったアマチュア無線技士の免許証の写真は証明写真機(昔はスピード写真と言っていた)で撮ったもので、終身免許(つまり更新がない)のため、何年経っても写真は中学生のままです。

スピード写真というのは当時は間に合わせの写真といった感じで、画質もあまり良くないなという印象はありましたが、白黒写真ですのでそれ以降さほど劣化することもなく現在に至っています。

さて現在の証明写真機ですが、もはや昔の「スピード写真」ではありません。カラー写真であることはもちろんのこと、画質の向上はもとより写真のデジタルデータ化でオンラインでも利用できるようになり、時代の流れとともに目覚ましい進化を遂げているのに気が付きます。

証明写真機ボックスへ入るのが恥ずかしい?

さてこの証明写真機、ボックスの中へ入るのが恥ずかしいという声をよく聴きます。私自身も久しぶりに使ってみて何度か気恥ずかしさを感じたものです。

証明写真機はスーパーやホームセンターの入り口付近に設置してあることが多く、皆さん買い物のために店内に入るところを独り全く別目的でボックスに向かうのですから、自意識過剰でなくても恥ずかしいものです。

しかもスーツ&ネクタイ姿なら「おそらく履歴書用だろう」というのは分かってしまい、そんな大事な写真は写真館で撮るべきじゃないのか、などと後ろめたさを感じてしまうこともあるからではないでしょうか。

証明写真機を使ってみたいけどなんとなく怖い 

さらに恥ずかしさと共にある一種の怖さも感じます。

使ったことが無いとどんな手順で写真が撮られるのか、難しいことはないのか、支払いはどうするのかなど事前に知識が無いことによる怖さです。写真館なら全てお任せなんですけどね。

昔の話で恐縮なのですが、当時のスピード写真は料金を入れたら4回パチッパチッとシャッターが切られ、4枚つながった白黒写真がポトンと出てくるという、自販機で飲み物を買う程度の簡単なものでした。

でも今の機械はかなり複雑になったのに無人機なので、操作が分からず困ったら誰に聞いたらいいのかと一瞬思ってしまいます。

しかし心配ご無用。案ずるより産むが易しというではありませんか。これだけ証明写真機が普及してきたのがその証拠です。

記事を書くために何度も利用したら慣れてしまって、恥ずかしさも怖さも無くなったよ。

知れば納得 証明写真機 -撮影からプリントまでの流れを簡単に見てみよう-

証明写真機ボックスが恥ずかしい方も怖い方も、まず画面で作業の流れを見てみましょう。知らないからこそ不安があるんです。まずそこを解消!

この記事を書くために実際に記録しながら使ってみましたので、その状況を動画と静止画の両方でご紹介します。

利用した機種はボックス外側に大きく「Ki-Re-i」と書かれている株式会社DNPフォトイメージングジャパンという会社のもので、これを中心にご紹介します。(このページトップの写真を参照)

日本オート・フォート(株)の Photo-Me も使ったことがありますが、当記事では省略します。両方とも大きな違いはありません。(次ページトップの写真を参照)

その1 動画で見る作業の流れ

まず雰囲気を疑似体験 

実際に証明写真機を利用した時の状況を、あえて最小限のカットで動画にまとめました。
音が出ます。ご注意ください。(動画の長さ:8分53秒かかりました。ちょっと長いです。)

周囲の騒音が気になりますが、実際に利用した時の状況です (8分53秒)

雰囲気は感じていただけましたか。音声案内があるので実際操作してみると思ったより簡単です。

(参考)証明写真に関する面白い記事を見つけました

その2 画像で見る作業の流れ

(1)証明写真の目的に応じたサービス

ボックスに貼られている案内のとおり、証明写真の撮影にはいろいろなサービスが追加できますが、シンプルに次の条件としました。
「その1 動画で見る作業の流れ」も同じです。

【例】
● カラープリントとする
● 美肌 肌⾊補正なし
● 背景⾊変更なし(⻘のまま)
● デジタルデータも必要

(2) 姿勢、身だしなみをチェック

ボックスに入ると正面の画面に説明が表示されるとともに、わかりやすい音声ガイドが流れます。

正面の鏡を見て姿勢、身だしなみチェックをします。椅子の高さ調整も大事です。

誰も見ていないからゆっくりやってね。

撮影前の注意事項
画面には注意事項が表示。画面右下の撮影ボタンを押して次へ進みます。

(3) プリントの種類やサイズを設定する

まずこれから撮ろうとする写真について下記の順で設定します。

  1. 「プリントのみ」「データのみ」「プリントとデータ」から選択
  2. 美肌などのオプションが必要か
  3. 料金を投入
  4. プリントの種類(用途、サイズ)を選択すると見本が表示されるので最終決定

メニューと音声で案内してくれるんだ。「キャンセル」「戻る」でいつでも1つ前に戻れるよ

最後の画像が出来上がりのイメージだよ。↑

(4)撮影は1回だけ撮り直しができる

出来上がりのイメージ最終確認が済みましたね。では音声ガイダンスに従って撮影を開始します。
画面右下の「撮影ボタン」を押して撮影開始。音声案内に従ってください。

全ての設定が完了したら撮影開始
では撮影開始。右下のボタンを押します。

1枚目が終わったら2枚目がスタートします。つまり1回あたり2枚撮影します。

この2枚の中から1枚選択するのですが、2枚とも気に入らなければ1度だけ「撮り直し」ができます。

(5) 最良の1枚を選択、顔の位置調整

写真は2枚の中から選ぶんだけど、撮り直しをした場合は合計4枚の中から選ぶことになるんだ。

2枚(撮り直しをした場合は4枚)の中から1枚を選択します。

顔の位置が中心になるように上下左右を調整します。
終了したら 「決定」ボタンを押すとプリントが始まります。

データも申し込んだ場合は同時に撮影データがサーバーにアップロードされます。

データだけの場合は顔写真の代わりにQRコードやパスワードが記載されたカードが印刷されるよ

プリントは外の受け皿に出てきます。データはあとでスマホなどに取り込むことができます。

プリントは外のボックスに出てきます。
プリントは外の受け皿に

大雑把な説明でしたが、撮影からプリントまでのご案内はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

次ページ「後編」ではアプリを使ってデータをスマホに取り込み再プリント(焼き増し)する手順や、証明写真全般の注意事項についても若干触れることにします。

このページのトップへ戻る


1 2
Page Top
目次
閉じる